医療の質に民間も公共も無い

バーバラ先生

おはようございます☀
医者は医者です 医者に公立も民間も無いですね
民間病院は専門に特化する知識や医療機器の不足から受け入れ体制に無いと言ってますが、何の為に病床があるのでしょうか
今の医療は民間病院が中継ぎになっています
始めから公立病院にかからないような仕組みになっていますね
逆に言えば、民間病院は一番最初にジャッジを下せる最前線にいます
働く人々も日々においてスキルを研いてマインドも高いですね
国は民間病院で専門に特化する対策を講じている病院にはもっと優遇措置をとるべきです
何故か公立は一軍 民間二軍のような図式になっていますね
今後を思えば積極的に民間病院に講師を派遣した上での勉強会の機会や、専門に特化した医療機器にかかる費用に対して何らかの優遇措置を考えるべきですね
素晴らしいマインドと使命感で活躍している人は民間病院にも数多く見受けられます
しかし医師会における民間病院の立場は小さいもので、公立病院と差があったのかも知れませんね
いざという時に医師会の力が働かないのも分かる気がします
根本はもっと根深い所にありそうですね
病床数が多くても空いていれば運営は厳しくなるはずですが、病院がホテル経営のようになっては意味が無いですね
民間病院の受け入れ次第では、今後は病床数の増設申請時に詳しくチェックして公立病院の供給に努める必要も出てきますね
数が多くても使えないならダミーと同じです
国民以上に感染対策は万全をとって当たり前だと思います
非常事態だからこそ協力関係にあって欲しいですね
今日がいい日でありますように✨

バーバラ先生

投稿者プロフィール 霊感・霊感タロット・恋愛成就カウンセリング

できるかぎりの力を尽くし、皆様を最良の方向へ導きます。複雑な恋愛問題の解決、願望の成就など、あなたの描く「幸せ」を引き寄せましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る