幸せって

どうやら、幸せって、外からやってくるものではなさそうです。

なぜなら、同じ出来事が起こっても、幸せと感じる人とそうでもない人(あるいは不幸だと感じる人とそうでもない人)がいるからです。

これは、幸せを感じやすい人と、幸せを感じにくい人がいると考えた方が分かりやすいのかもしれません。

『幸せを感じやすい人の方が幸福度が高い』と言えると思うのです。

ではどうすれば『幸せを感じやすい人』になれるのでしょうか?

私自身の体験では『しんどい経験の中で小さな幸せに気付きやすくなった』ということがあります。

例えば、体調を崩して入院してしまった時。痛みに耐え、熱にうなされながら、健康って、かけがえのないものだなぁ…と思ったものです。

しかし、そんな私でも時間が経つと忘れてしまいます。

健康な時って、そこにある小さな幸せを気にすることが出来ないのです。

それがどれほど有難いかなんて気にも留められないのです。

つまり、風邪をひいたりしてしんどい時は誰でも、いつもより『幸せを感じやすい人』になれている可能性があるということです。

もし、あなたが今とてもしんどいなら、それは幸せを感じられるようになるために必要な経験なのかも知れないです。

その経験を大事にして、いつも幸せでいられたら良いのですが。

皆さんのしんどい経験が素晴らしい未来の糧となりますように祈っています。

桃花(トウカ)先生

投稿者プロフィール カルマタロット・カルマカウンセリング

理解していない感情を理解するために出来事が発生するという『カルマの法則』を前提にタロットカードリーディングや分析をしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る