四柱推命による開運方法、お教えします

皆さまおはようございます😃

四柱推命という占いは、面白いもので一生の運勢の流れと運の上下がとても良く分かる占いなのです。

四柱推命は東洋思想、哲学を基に作られた占術なので、生まれて来る前にあなたが選んだ人生の設計図が現れていると言う考え方なのです。

この人生でどのような挑戦をいつ頃して、乗り越えるように頑張るのか😤や、いつ頃その頑張りのご褒美として幸運を味わえるのかなどが示されているだけではなく、

どういう努力をすれば幸せを掴む事が出来るのかまでを、生年月日と生まれた時間でつくる四柱(命式)に、表して教えてくれているのです。

守護神が、2つ以上、生まれた命式に着いている場合は、幸せへの近道が良く分かる人となりますので、誰かに教えて貰わなくても効率的な努力の仕方が分かる人です。

守護神が、1つ着いている方は、両親や家族、友人や先生などからヒントを得るなどして努力の方向性を知ることができる人です。

命式に守護神が着いていない方は、後天運で守護星が巡ってきた時に効果的な努力の道が開けてきますが、なかなか巡って来ない方の場合には、四柱推命の鑑定などで努力すべき方向性を知る事ができるのです。

命式を見てしっかり判断できる術者でないと、なかなかこの守護神の示す方向性をお教えする事は難しいかも知れませんが、大きく3つの方向性は殆どの四柱推命鑑定士がお教えできる事だと思います。

基本的な大きな分け方としては、運や自分の力がとても強い人、中間の人、弱い人の3つに分ける方法があります。

四柱推命の鑑定などで命式を出さなくても、これは皆さんご自身である程度判断できる事ではあります。

強い人は、性格が強く物おじしないタイプで人の上に立ちたい、自分の意見を通したいという気持ちが強く、人との競争が苦にならない方で、四柱推命では「身強」と言います。

このタイプの方は自分で何でも出来てしまう方なのですが、それを基準に他人を見てしまうので、出来ない人を見ると歯痒く見えて仕方が有りません。

出来ない人、遅い人、下手な人、飲み込みの悪い人を見てイライラする事が多いと、思った方は大体身強のタイプだと思って下さい。

弱い人は、いつも引っ込み思案であったり競争は大の苦手で人との会話も苦手、特に弱い人はあまり外に出たくないという方も多いでしょう。大きな決断も自分一人ではなかなか出来ないと感じる事が多く、とても寂しがりやな方が多いです。このタイプの方は四柱推命では「身弱」と呼ばれます。

身弱の人は、家族との縁が薄かったり結婚しても寂しい生活であったり、老いても子供さんから冷たくされたりという場合が多いのです。

身強の方も、同僚やら家族に疎まれる、敬遠されるという事が有るのですが、身弱の方の場合は冷たくされる、捨てられる、というとても寂しい状況になりやすいのです。

身弱の人はいつも不安で誰かに頼っていたいという気持ちが強い方です。

「身中」は、このどちらでもない場合で、自分のことは、とても平均的だと感じ、就職や結婚もほぼ人並みで来られて、人と争う事は好きでは無いけれど、自分の責任くらいは自分で果たせると言える方です。

★ご自分のタイプがお分かりになったら、次の基本的な3つの開運方法を見て実践してみてくださいね。

「身強」の方は、自分の力がパンパンに詰まった風船🎈だとイメージして下さい。身強の方の人生は、いつもその風船を持って歩いているようなものなのですが、ちょっと尖ったものや、角に当たるとパンッ❗️と割れてしまいます。それが、周りの人との衝突であったり目下の人からの反乱であったり、職場の同僚や家族に妬まれたり疎まれたりと言った現象なのです。

この場合は、風船🎈が簡単に割れてしまわないように多過ぎる空気を先に抜いてあげる必要がありますよね?風船の空気を抜くとは、自分のエネルギーを人のために率先して使うこと、世の為人の為に役立つように奉仕する事を意味します。

身強の方はエネルギーが有り余って困った事になる場合が多いので、自分の時間や体力を困っている人の為に使ってあげる事、優しく接してあげる事がとても効果的な開運方法となります。

また、言葉数を惜しまないでいつも明るく親切な言葉をかけて周りの人を励ましてあげるだけでもかなりの効果が期待できるのです。

また、身強でも、あるタイプの方は自分を厳しく律する事で運がどんどん開け大出世する方が多いのですが、そのタイプの方の場合、目上の人にだけでは無く目下の人にも自分の我儘を出さず自分を抑える事や、目上、目下に関わらずにこの様な優しく親切な態度を貫き通す事が開運の秘訣となります。

横柄さや自分の意見を通したという気持ちを抑えて、目上には素直に、目下の人の事は可愛がるようにと言う事を忘れないようにしてください。

特に自分と同じレベルの働きを周りに求めないように注意して下さいね。

「身中」の方は、出来る限りバランスの取れた生活を維持できるように、注意深く生きる事が開運の方法となります。

幸運期が巡って来て思い通りになったとしても驕らず、いい気にならず、これまで通りの自分で居続ける事が重要です。

急に派手になったり、横柄になる様な事が幸運を逃してしまうことになりそうだという事は常識の範囲でもありますよね。

逆に、不運な時期が巡って来ても、投げやりになる事なく必ずまた良い運が巡って来ると信じて努力を続ける事が重要です。

「平凡な生活に飽きた」と感じるのが最も危険な兆候なのです。それは平凡では無く、身強や身弱の人では得られないとても貴重な宝なのです。配偶者やパートナー、家族、友人にいつも心を配ってあなたの愛情や友情を具体的に示す事も開運の秘訣となります。

さて、最後になりましたが

「身弱」の方の開運方法ですが、実はこれが一番難しいのです。

何故なら身弱の人はいつも、自分で努力をしたり頑張ったり、という事が苦手だったり、飽きっぽかったり、頑張ろうとすると必ず邪魔が入ったりと運勢までもが開運の邪魔だてをして来るのです。

先ずは、睡眠をしっかり取って体力を回復させる事が最も大切な開運法となります。

次に、人に頼り過ぎない事です。これは身弱の人の一番の弱点なのですが人に頼り過ぎて騙される事がとっても多いのが身弱の人の不運の特徴でもあるのです。

時間がかかっても自分の事は自分でする事が開運の鍵🗝なのです。

そして、たっぷりと睡眠を取って体力を回復して、人に騙されやすいと言う不運から遠ざかった後は、何でも良いので自分の好きな事や、これなら出来そう、という事をひとつだけ見つけて下さい。

そして、その事を無理の無い範囲でコツコツと、細〜く、長〜く、続けるのです。時には休んでしまっても構いませんので、また睡眠を取って回復したら再開して、とにかく長年好きな事、出来そうな事を一つだけ、少しずつ続けて行って下さい。

学校の勉強でも、他の事は頑張らなくて良いので好きな教科一つだけに絞って、それだけは少しずつ続けて下さいね。資格の取得も何回落ちても良いので人が一年で取れる資格なら、数年かかるくらいの感覚でゆっくりやれば大丈夫です。

人があまりやらないような事、ニッチな事、などで好きなものが見つかると特に運気が上がります。

実は身弱の人の開運方法に取っておきの秘密の方法があります。ここまで読んで頂いたあなただけにお教えします。簡単過ぎて驚くかも知れませんが…

それは、あなたのお母さん、おばあさん、育ての母を大切に扱う事です。優しい態度が取れなければ優しい言葉だけでも良いです。ご飯の時に「いただきます、ご馳走様でした。」のあとに、一言、「ありがとう」を付け加えるだけでも良いのです。

もしも既にお母様もお婆様も、他界されておられる場合は、お仏壇に毎日、生前お好きだった物をお供えして下さい。お茶やコーヒー、お菓子など何でも良いです。お仏壇がない場合は、写真の前でも良いです。

生き別れされている場合や、お仏壇がない場合やお写真を飾れない場合には、毎月一回だけでも良いので、ご近所や好きな神社⛩やお寺で、お母様のお幸せや、ご冥福をお祈りして上げて下さい。

これだけの事なのですが、少し続けているだけでビックリする程の効果がありますよ♪

さて、四柱推命に基づく開運方法のご紹介内容は如何でしたでしょうか?

もっと詳しく、正確に、あなたに合った、あなただけの最も効果的な開運方法を知りたいと言う方は、是非占い館アゥルターム神戸館まで鑑定のご依頼にお越し下さいね♪

もちろん電話鑑定も致しております😊

皆さまに、開運の扉が開かれますようにと心からお祈り申し上げます🍀

Teru(テル) 先生

投稿者プロフィール 霊感・霊感タロット・西洋占星術・泰山流四柱推命・六壬神課・手相

どんな状況や問題にも、突破口はあります!
気になることは何でもお尋ねください。
願望の成就、明るい未来を目指しましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る