陰陽師の占い: 六壬神課とは

〜陰陽師 安倍晴明の占い 六壬神課〜

皆さま、こんにちは😃

今日は、陰陽師、安倍晴明の占術である六壬神課についてほんの少しだけご紹介しますね。

日本では朝廷の正式な占い師として平安時代に実在し、活躍した安倍晴明からその子孫や、その他一握りの選ばれた占い師にのみ引き継がれて来た六壬神課。

また、明治期以降に本場中国の九天玄女聖天道母君の道教の流れを汲む六壬神課の教えや、戦後台湾、香港を経由してもたらされた流れも存在します。

西洋占星術のホラリー占術にも似て、相談者が占い師に相談を持ち掛けた、その日、その時の星々と神々の天地の配置を図に表し、その配置から星々と神々のメッセージを汲み取るのが六壬神課の占法です。

まずは、六壬をする占い師に相談者が、守護霊など目に見えない力によって、その日、その時に引寄せられる所から、既に六壬神課の占いが始まっています。

そして、占い師が星々と神々の配置を読み取るのですが、そのメッセージをどこまで正確に受け取る事が出来るかが、占い師の霊感にかかっているのです。

星と神々と陰陽五行と十干十二支のバランスがそれぞれ異なる意味を持つ12の部屋に配置されるのは西洋占星術にも似ていますが、六壬神課では、そこから更に相談者とお相手の星々と神々の配置、さらに、相談内容の開始、中間、結果の推移までが表され、その全ての星々と神々の象徴を最終的に霊感を通して受け取って行きます。

受け取った星と神の象徴を霊感により、言葉に紡いで行くのが六壬占者の大きな責任となります。

相談者の想いの強さと占い師の霊感が織りなす綾が、驚くような鑑定結果をもたらすのが、この六壬神課なのです。

恋愛、結婚、相性、お仕事、ご商売、お引越し、その他色々な吉凶判断やお相手のお気持ちや人格まで、ご相談者さまの想いと、占者の霊感と占術知識から得た言葉を駆使して、神々、星々からのメッセージを読み取って、ご相談者さまに、優しく、分かりやすくメッセージを、お伝え致します。

本日も占い館アゥルターム神戸館で霊感をつかった、六壬神課や、タロット、四柱推命などの鑑定をさせて頂いております。お気軽にご相談にお越し下さいませ。もちろん、電話鑑定も受け付けております。

今日一日が、あなたにとって幸運な日となりますようにお祈り申し上げます🍀

Teru(テル) 先生

投稿者プロフィール 霊感・霊感タロット・西洋占星術・泰山流四柱推命・六壬神課・手相

どんな状況や問題にも、突破口はあります!
気になることは何でもお尋ねください。
願望の成就、明るい未来を目指しましょう!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る