しんどい時こそ

しんどさは、幸せを感じやすくなるために必要な経験なのかもしれません…と前回のブログに書かせていただきました。

更に、カルマの法則では、
『理解していない感情を理解するために出来事が発生する』と考えます。

しんどい時には、
『このしんどさは誰の気持ちなんだろう?』

と考えてみると良いということです。

私の場合ですが、入院した時に、その痛み、発熱、震え、行動制限、絶食の苦しさ、点滴の副作用など…様々なことと(ほぼ強制的に)向かい合うことになりました。

これをカルマの法則に当てはめると、
私が周りの人たちの(主にネガティブな)感情をきちんと理解していなかったから、それらを理解するために発生したと考えられるのです。

逆に、日頃から周りの人たちの(主にネガティブな)感情をきちんと理解していれば、ここまでのネガティヴな出来事は起こらない、と考えられることになります。

ですから、日常的に、周りの人たちの気持ちを自分の経験や想像とすり合わせて、理解することがとても大切なのです。

しかしながら、
これがなかなか…難しいと痛感しています。
調子が良い時って、しんどい記憶をどうにも掘り起こせなかったりします。
喉元過ぎれば、というやつですね。

だからこそ、しんどい時は理解を深めるチャンスと捉えて、その気持ちをゆめゆめ忘れぬようにするのが大切なのですよね。

そう考えるのも又難しいのですけども。

でも、やるしかないのです!
と自戒を込めて。

小さなしんどさから、たくさんの学びがありますように。

桃花(トウカ)先生

投稿者プロフィール カルマタロット・カルマカウンセリング

理解していない感情を理解するために出来事が発生するという『カルマの法則』を前提にタロットカードリーディングや分析をしていきます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリ一覧

ページ上部へ戻る